月刊 『のりとたまご』

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016年5月号(別冊下巻) 弾丸旅行4日目 広島〜山口だ!

<<   作成日時 : 2016/06/20 23:49   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

三泊四日の日程で羽田を飛び立ち鳥取に

鳥取県〜島根県〜広島県〜山口県を巡る旅です

いよいよ弾丸旅行も最終日となりました (๑´ڡ`๑)

     前半はこちら
http://noritama1954.at.webry.info/201606/article_3.html

     三日目はこちらです
http://noritama1954.at.webry.info/201606/article_4.html



-----------旅は四日目、最終日です--------------*

今日も元気な母ちゃんはカメラを持って朝散歩へ
画像

画像

画像

時間をとっても有効に使うんですよね

オラは今日も朝食からスタートです
画像

場所も知らずに決めたホテルでしたが眺めは最高
画像

次男が休暇で羽田まで来てくれると言うのでスーツケースの宅配は取りやめて宮島に向けホテルを後にしました

---------安芸の宮島、厳島神社へと向かいます----------*

仕事で来ていた時に比べると道路事情が格段に良くなり
あっと言う間に宮島口に到着!

おや!昨日見た路面電車!乗りたかったよ〜
画像

今日は飛行機の時間でケツカッチンだから急いで切符を買いました
一体何を売ってるんだ?何でも屋さんか?
画像

これが失敗・・・下調べ不足だよ
戻ってきた船と入れ違いに取りあえず出港〜!
画像

一直線に宮島へ
画像

ところが並んで走っていると思った隣のJRのフェリーは遠回りして鳥居の前を岸に沿って走航してるよ〜
画像

お値段も所要時間も同じなんだよ (´・д・`)
なんだかスッゲー損した感じ・・・事前にしっかり調べましょうね

表参道の商店街には大杓子が・・・で、でかい!
画像

ここでは「しゃもじ」ではなく「しゃくし」なんですね
でもお店のHPには 杓子(しゃもじ) と書いてあるんですよ
よく判りませ〜ん
ATOKでは「しゃもじ」→「杓子」の変換は出来ませんね
画像

柴尻教のご本尊はここで作られたのでは?
オーダーメイドだと凄い金額ですよ!
簡単に頂いちゃったけどビックリですよ〜
・・・柴尻教ご存じない方はスルーして下さいね

商店街を抜けると大鳥居です
画像

が・・・中途半端な潮位でした〜
画像

社殿は完全に干上がってます
画像

社殿から鳥居を望むとこの状態で・・・
希望としては足下まで海!だったんですが、残念!
画像

しかし!しかしですよ〜!!
なんと平舞台での雅楽を見る事が出来たんです!!
画像

この日を狙っていた訳じゃないんですがラッキー!
くらいに思ってました
画像

帰ってから調べてみると
厳島神社祭典年中行事表には年間で11日しかないんです
http://www.miyajima.or.jp/culture/culture_bugaku.html
この日は推古天皇遙拝式でした
画像

テレビクルーも来てましたからね
本当に幸運でした ヾ(๑´∀`)ノ

渋い廊下と鮮やかな朱色の世界を進むと、これまた見事な太鼓橋が・・・
画像

画像

橋の下が干上がっているのが非常に残念
しかし両側の傾斜がすごい事に成ってますよ
画像

厳かに静々と直立歩行で渡るなんて絶対に無理〜
どんな技を使うんだと悩んだんですけど
(橋の勾配が大きくそのままでは渡る事が困難なため、この橋が使われる時は仮設の階段が設けられる)だそうです。・・・だよね〜 (๑´∀`๑)

次に向かったのが隣にある大願寺です

楼門と
画像

護摩堂と
画像

ご本殿
正面の松の木は伊藤博文が手植えした9本松だそうです
画像

以上で、構成されているようですが
楼門がポツリと有って塀が無いんですよね
敷地の境も不明瞭で不思議な場所でした

次は難所ですね〜

大願寺から山に向かう緩い坂道は滝小路と言うそうで
閑静で風情のある古い町並みが続いていました

しか〜し 坂道が段々急になり・・・・・
仁王門まで辿り着いた所でオラは降参
画像

「明るい社会は合掌から」って看板は無い方が・・・
母ちゃん行ってらっしゃ〜い
画像

股関節サイボーグだから奥歯のスイッチでスイスイ登坂モードだよ
ところで母ちゃんは手摺りの所に付いている摩尼車(まにしゃ)に気づいたかな?
画像

チベット仏教を紹介するテレビで見たんだけど
一回転させると一回分お経を唱えた事に成るらしいよ
たぶん知らないね・・・だはは

お帰り〜
画像

御朱印頂いてルンルンですね (๑´ڡ`๑)
さあ次行ってみよ〜
オラもルンルンで坂道を下ったのですが・・・

五重塔と豊国神社千畳閣
げ〜また山の上だ・・・空気が薄そうだよ

ヘロヘロになってようやく辿り着いたので一気に豊国神社越しの五重塔ね (´・д・`)
画像

豊国神社は「建築途中で豊臣秀吉が亡くなったため未完成のまま」だってさ、「軒瓦に金箔が押してある豪華絢爛な桃山建築様式」って・・・どこ? (´・д・`)
画像

膝ガクガクで下へ降りると
おや、まあ 潮が引いて大鳥居まで行けちゃうじゃん!
画像

ここからは母ちゃんがぶっちゃけ寺で仕入れたうんちくね

まず、大鳥居の扁額?の海側と社殿側で書かれている文字が違うのですよ〜

海側〜
画像

社殿側〜
画像

ね!
それから鳥居の両端の紋章が違うんですよ〜

東側が太陽
画像

西側が三日月なんです
画像

ね!
詳しい事はこちらでどうぞ〜
ってアドレス貼ったら長すぎるので検索してみてね

それにしても太い柱ですね〜 ヾ(゚□゚;)ノ
画像


こうなってくると満潮の厳島神社と干潮の大鳥居の二回は足を運ぶ必要がありますね (´・д・`)

さて、お土産と腹ぺこのお腹を何とかしなくては

とりあえず穴子と牡蠣ですかね
母ちゃんは穴子丼と牡蠣うどんのセット
画像

オラは穴子丼と盛りそば〜牡蠣大嫌い
画像

これで安芸の宮島もお別れです
渋さの中に映える木々の緑と鮮やかな朱色が素敵でした〜

早起きして助手席では絶対に寝ない母ちゃんもさすがに疲れた様子
帰りのフェリーでは心地よい潮風に吹かれながら・・・
あっ!よだれがぁ〜だはは (๑´∀`๑) うっそ〜
画像


------この旅最後の目的地・錦帯橋へ向かいます-------*

むかしは柳井や岩国に行く時に大阪南港からグリーンフェリーで広島に上陸、ひたすら国道2号線を走った物です

それが今では宮島口から錦帯橋までほぼ三十分!!

はい!錦帯橋で〜す
画像


岩国から新岩国駅へ班員を送迎する時に何回も来たのに
まだ渡った事が無いのです

まあ渡ってみるか、って途中まで行って母ちゃんの写真撮って戻っちゃった
画像

オラは橋の組み方、裏側をじっくり見たかったんだ
画像

凄いでしょ、匠の技だよね
画像

かすがい以外の金具もあるけど凄いよね
このちまちました構造でゆったりとした曲線美を出してるんだもんね

どうやって作ったのかはこちらでどうぞ〜
http://kintaikyo.iwakuni-city.net/movie_02.html

で、母ちゃんは向こう岸に辿り着いた証拠の写真を撮ってきました
画像


さあ切り上げないと飛行機に乗り遅れちゃう〜

鳥取鬼太郎空港で借りたレンタカーを満タンにして
岩国錦帯橋空港に無事到着いたしました
("⌒∇⌒")
約束の時間ピッタリに着いたんですけど
担当の人は心配して駐車場まで出て待っていた様です

鳥取県、島根県、広島県、山口県、走行距離446Kmでした〜
d(⌒ー⌒)!

「頑張った1000ccのパッソはね、燃費は良いけど
    エンジンは***だし、ブレーキは@@@なんだ。」
  ※個人の感想で実際の性能を表現した物ではありません

母ちゃんに来年はランクを一つ上げさせてくれ〜とお願いしましたよ

空港の看板まで写真を撮りに戻ろうかと思ったけど
暑いし面倒臭くて
画像

はい!岩国錦帯橋空港です!!

帰りの飛行機からはしまなみ海道が
次の目標かな
画像

江ノ島と富士山・・・富士山の左下の黒い点は飛行機
画像

並んで着陸だよ、怖いね
画像

無事に羽田に帰って参りました
画像

次男夫婦の出迎えを受けて帰りも楽ちんな旅でした〜
画像


---------これで弾丸旅行も完結で〜す----------*

最後までお付き合い下さいましてありがとう御座いました
20,000文字の制限オーバーでだいぶ削り落としましたが
如何でしたでしょうか?

最後のご挨拶もビビりながら書き込んでおります
保存できたら完成です

さあどうだ!エイヤッと!!







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
2016年5月号(別冊下巻) 弾丸旅行4日目 広島〜山口だ! 月刊 『のりとたまご』/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる